teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:77/154 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

次が楽しみッス

 投稿者:oikaze  投稿日:2008年10月 3日(金)22時52分28秒
  通報
   2ndアルバムempty pageインタビュー[過去を振り返るための、そして前に進むための時間]を、今、読んだんよーん。なかなか良かったたので、それを今再びここで、紹介しようと思います。

~「大学の時に、自分で曲を書き始めて。将来、作曲家としてやっていけたらいいなとは思ってたんだけど、歌うことは全然、考えてなかったんですよ。」
 多くの女性シンガーが“歌いたい”という願望のもと、音楽に関する様々なトライをしてゆくのに対して、彼女はまず“曲を作る”ところから始まり、...いい音楽(歌)を作りたいと思えば思うほど、彼女の中で歌への関心が高まっていった...
 「歌ってみないかという話をいただいた時“やるやる!”と二つ返事で引き受け...今の私が真実味をもって書けるのは身近な“恋愛”ぐらいかな...曲のほうは、わりと尽きなく出てくるので...まだちょっと余裕があるよな。...」
 良質のポップス、という言葉がピッタリくるメロディーライン。そこにジャズのフレイバーを取り入れたり、シャープなバンドサウンドを組み合わせたり、それぞれの曲を引き立てる味付けをひと捻り加えてあるのが、上田まりの音楽の特徴だ。
 「レコーディングの途中で、今回のアルバムは“時間”がテーマだという気がしたんですよ。しかも、それは過去を振り返るための時間で、そうすることによって前へ進んでいく力を持とう、というね。日記帳に残された余白のページ。そこに書くはずだた出来事がこの7編の物語だ、みたいな感覚で思い入れたっぷりに聴いてもらえたら嬉しいですね」
 心に直接語りかけてくるよううな、ソフトで耳ざわりのいい彼女の歌声。
 「私なりにいろんな挑戦をして、それがこうして上手くいったことで早く次へ次へ、て言う気持ちになってきてるし、これをライブでやったらどうなるだろうと...。何度聴いても飽きない、と皆さんに言ってもらえる存在になれたら...。」~

 ;アーティストの上田まりさん。これからも楽しみにしています!
 
 
》記事一覧表示

新着順:77/154 《前のページ | 次のページ》
/154