teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


文化財盗に「韓国ルート」、逮捕の韓国籍男が接点か

 投稿者:通りすがりの者  投稿日:2007年 2月25日(日)04時47分11秒
  本日の読売新聞に以下のような記事がありました。関係者のかたは十分に警戒していただくようお願いするとともに、この情報を他の方々にも広めていただきますよう希望いたします。

以下本文
重要文化財の仏画を強奪しようとして、愛知県警などに逮捕、起訴された韓国籍の男が、別の窃盗団が盗んだ仏画を元の所有者に買い戻すよう持ちかけていたことが、同県警の調べで24日、分かった。

 同県警では、男の背後に盗品を扱う販売ルートがあるとみて調べている。

 逮捕されたのは、韓国籍の住所不定、金在七(キム・ジェチル)被告(48)(公判中)。2005年8月と昨年9月、愛知県御津町と福井県敦賀市の二つの寺で、国指定重要文化財の高麗仏画「絹本著色王宮曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくおうきゅうまんだらず)」などを奪おうとしたとして、強盗傷害罪などで起訴された。

 金被告は一昨年5月にも来日し、兵庫県加古川市の鶴林寺を訪問していたことが判明。幹栄盛(みきえいせい)住職(69)をソウル市内のホテルに呼びだし、同寺で02年7月に盗まれた国の重文の高麗仏画「絹本著色弥陀(みだ)三尊像」を買い戻すよう働きかけたが、金額が折り合わなかった。

 金被告は愛知県警の調べに対し、「ソウル市内のカジノで出会った、自称会社社長の『朴』と名乗る人物から『3000万円で買い戻させれば、600万円の報酬を払う』と持ちかけられた」と供述した。

 ◆不明の重文、韓国国宝指定も◆

 韓国国内では1995年、骨董(こっとう)品の鑑定番組が人気となるのと時を同じくして、古美術品の盗難事件が急増。ソウル警察庁は昨年、韓国各地で仏像や仏画2358点、80億ウォン(約10億5000万円)相当を盗んだ男を逮捕した。一方、日本国内で盗難で所在不明となっている美術工芸関係の国指定重文は、文化庁の昨年10月の調べで52点(国宝8点)。

 長崎県・壱岐の安国寺から94年に盗まれた仏教経典「大般若経」は、韓国で95年、国宝に指定された。日本政府は、韓国政府に調査協力を依頼したが、ソウル中央地検は、最終的な購入者が盗品とは知らずに買ったもので、民法上の「善意の取得」と判断。経典は日本に戻っていない。

 文化庁によると、国内の文化財の警備状況は、博物館を除き手薄。「盗まれないよう自衛を呼びかけるしかない」のが実情だ。(ソウル支局・中村勇一郎、中部社会部・半田真由子)

(2007年2月25日3時7分  読売新聞)
 
 

更新情報

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2007年 2月15日(木)21時22分30秒
  トップページ下部に、リンクページと善福寺周辺地図へのリンクを設置しました。

ご覧くだされ。相互リンク募集中です。
 

いえいえ

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2007年 2月12日(月)07時46分35秒
  お念珠は、その珠=衆生、そしてそれを繋げているのが仏法という意味なのですね。

東西での差異は、いたるところ大小さまざままであっておもしろいものですね。
 

こちらこそ有難う~御座いま♪

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2007年 2月11日(日)18時57分46秒
  お今晩わ~ご住職さま。

まあまあ~嬉しいお言葉有難う~御座います。=*^-^*=にこっ♪
keiさんのコメント ('0')/ハイ! 少なかったですよね!!=^-^=うふっ♪
また ご縁があれば再開しようと思っております~。
今は、ちょっと 休憩中のneorinで御座います。

話変わり・・・・
今 ちょっとお数珠が気になり
ご住職様に叱られますが・・・。真言宗のお数珠が欲しくなり(四国巡礼やら東寺での朝のお勤めに参加するにあたり)
あれやこれやと検索してまして。
そこで 浄土真宗の数珠で
お東とお西では 数珠の持ち方が違うのですね~。
お一つ お勉強にとなりました。

また
浄土真宗の数珠は数取りができないように、房が「蓮如結び」になっているのですね。
煩脳具足そのままで救われる教えなので数珠を繰ることによって煩脳の火を消す必要が
ないからなのですね。
でも・・どの宗派にしろ お数珠を大切にする心は大切と書いておりました。
 

ありがとうございます

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2007年 2月 9日(金)23時43分33秒
  さっそくご覧いただき感謝です♪

neorinさんのブログ、コメントはあまりできませんでしたが、なくなってみるとどこか寂しいですね。また、ご縁があれば再開していただきたいです。一愛読者より(笑)。
 

拝見。

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2007年 2月 9日(金)19時13分37秒
  ('0')/ハイ!
早速 拝見してきました。
毎月、更新されるのですね~。
毎回しっかりと 学ばさせて頂きま~す。v(*'-^*)bぶいっ♪
有難う~御座います♪
 

はい!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2007年 2月 8日(木)22時13分40秒
  涅槃会ですか? たぶん当派では、なにか行事をすることはないと思います。
お釈迦さんの誕生日4/8の花祭りはしますよ。

本館ページに2ページ目を増設しました。「正信偈」の意訳と年間行事予定表を掲載してますので、ご覧くだされ♪
 

涅槃会

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2007年 2月 8日(木)21時59分38秒
  ご住職様~
今晩わ~。
2月15日は お釈迦様の涅槃会。
お東さんでは 何か行事などってあるのですか~?
 

更新

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2007年 1月11日(木)21時41分58秒
  本館ページの「刻みたい言葉」を更新しました。「殺」という文字が躍るニュースに辟易していることからお釈迦さんのお言葉を選びました。
 

新年

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2007年 1月 8日(月)17時47分24秒
  あけまして、早くも一週間。
ちょっと呑みすぎ&食べすぎ・・・かな(笑)?
今年もおよろしゅう♪
 

大晦日

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年12月31日(日)22時28分2秒
  除夜の鐘は23:10より打ち始めます。元旦00:00から打つと思っていらっしゃる方も多いようですが、00:00に打ち終わるのが本当ですよ。当寺はだれでも打てますので、ご来寺ください。

今年はありがとうございました。よいお年を!
 

やれやれ

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年12月28日(木)22時12分10秒
  ↓では、空振りだった雪が今日、やっと降りました。やっと年末らしくなってきたので、大そーじがんばります!  

ようやく?

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年12月17日(日)17時42分47秒
  初雪が降りそうです。
市内でも、山沿いでは降ったらしいのですが、街中ではまだ見てません。
報恩講もほぼ終了し、年末気分といきたいとこですが、雪のない年末というのも
なんだかピンときませんね~(笑)。
 

ブログ

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年12月 5日(火)20時15分29秒
  12/7まで、サーバーのメンテナンス中ですって。更新できません(泣)!  

お知らせ

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年11月29日(水)22時44分37秒
  お寺の名を語り、寄付やグッズ購入を依頼する詐欺事件が全国で起っています。当寺では、寺報「大慈山」、当ホームページで発表されていない事柄に関して、ご寄付等をお願いすることはありませんのでご注意ください。  

はいはぁい♪

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年11月11日(土)22時35分31秒
  おいしそうな画像に、思わずおなかがすいてきました(笑)♪
シンプルなのが好きですが、あとからハムやチーズをはさむのも好きです。あとは、おいしいスープか紅茶があったら言うことないですねぇ(笑)♪
 

お邪魔します~

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年11月11日(土)18時45分31秒
  今晩は~ご住職様。。
ブログでは おなつかしい話で 花が咲いているようなので こちらにて・・・。
今日 やっとクロワッサンを焼いてみました~。。
でも・・・小ぶりには 程と~~おい形となってしまいました。。(;´д`)トホホ
まあ~ またお時間のある時にでも 覗いてやってくださいまし~。。

http://blog.goo.ne.jp/neorinp/e/55b8930eee1efe60f7eb950380202c9a

 

いやぁ

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年11月 8日(水)23時30分25秒
  京都は暑かったっす!

しかし! 昨日から突然に冬です。この突然のせいかどうか、お葬式が続いています。みなさん、季節代わりの体調管理には気をつけてくださいね。

ブログでの、学院の話、長くなりそうですが、感想等はコメント欄はもちろん、ここでも結構ですのでお寄せくださいね。
 

さぁて

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年10月31日(火)11時52分38秒
  お寺の報恩講が終わりました!
あとは、在家報恩講が150~60軒ほどです。全部終わると~、もう年末です(苦笑)。
 

はぁい♪

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年10月17日(火)21時06分9秒
  ボクなんか、ぶっちゃけ能天気すぎるくらいなんですよ。「まぁ、なんとかなるやろ」が身上ですし、イヤなことは飲んで早寝するに限る、という人間なのです(笑)。ない袖は振らないという前提だからこそ、かもしれませんけどね。  

こんにちわ~

 投稿者:るる  投稿日:2006年10月17日(火)15時10分28秒
   お忙しい中コメントありがとうございました!!
ホントにこのようなコメントはありがたいですねぇ。落ち着きます。
ご縁ですね♪あまり悪く悪く自分を追い込まないようしないとね。

何かの本で『子供はまだ?』って聞かれたら多分『エッチな事聞いてくるなぁ。』て
思いますよ。て書いてあって確かに。確かに。(笑)て思いました。
ねぇ~、ほんとデリカシーなしです。
ちょっと今度(あまり人に合わないのでいつ実行出来るか分からないけど)聞かれたら
聞いてみますね。『いい方法教えてよ~』て♪
 

おはようございます!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年10月17日(火)08時56分48秒
  るるさん
いえいえ、お寺や神社はそういうものだと思ってらっしゃる方は多いので、お気になさらないように。

ブログ本文にも書きましたが、何があってもすべてご縁です。道で転ぶのもご縁なら、百円拾うのもご縁ですね。そして、それを良い悪いと分別する心を持つのが人なのです。良いも悪いも、目の前で起こっている事実をご縁として受け入れていくしかないのです。お祓いをしたからといって、悪いことがないか? ありますよね? 加持祈祷の類、お守りや占いの類、気休め程度ならいいですが、あまりのめりこまない方がいいように思います。

5年ですか、知り合いで12年目に初の子どもを授かった夫婦がいます。やはり5、6年ほどは医者に通い、お祓いをしたりしてましたが、すっかり開き直って成り行き任せにしていたらできたと言ってましたね。あまり思いつめず、リラックスしていた方が体調にも良いのかもしれませんよ。周囲の声があっても、「いい方法があったら教えてくださいね♪」と軽く流して気に留めない方がいいです。ボクらも「二人目はまだ?」と聞かれることが多いですが、「こればっかりは、授かりものですしねぇ。よかったら、作り方教えてくださいよ♪」と言うと、たいがい苦笑されていますね(笑)。
 

あははっ・・・(-_-;)

 投稿者:るる  投稿日:2006年10月17日(火)00時30分6秒
  お恥ずかしい質問を・・・(-_-;) お守り=お寺さんと勝手に
つなげさせてもらってました(-ω-;) (笑)  色々とあるんですねぇ。

(。-_-。 )ノハイ・・・5年目デス。
授かりもの、授かりもの、なんですが!結婚して5年目
私たちより後に結婚した方々は子供子供でね~。
神頼みしてみたりして気持ちを和らげたくなるもんですヨ。
7年ですかぁ。『待ち遠しい』は遥か彼方ですか・。。(゚д゚lll)
 

こんばんは!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年10月16日(月)21時12分8秒
  るるさん、はじめまして。
え~っと~(悩)、、、申し訳ないですが、真宗ではお守りは使わないんですよ。
お子さんを授かるも、授からないもご縁です。仮に授かったとしても、そのお守りを身につけていたおかげという証明はできません。ですから、その効き目についてボクがどうこう言うことはできなのです。

というわけで、使用法や効用については、そのお守りを下付したところへ直接おたずねいただきたいと思います。ちなみにボクのところは結婚してすぐに愛息を授かりましたが、その後7年、その兆候すらありません。るるさんはご結婚何年目ですか?
 

お守り

 投稿者:るる  投稿日:2006年10月16日(月)20時47分53秒
  こんばんわ~ お邪魔しますヽ( ゚ 3゚)ノ
質問なんですが・・・ 子授かりのお守りを頂いたのですが、やはり常にお腹辺りに
位置するところに肌身離さず持っておくのがよいんでしょうか??
お返事お待ちしてます!!≦(._.)≧
 

あろは~♪

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年10月12日(木)21時36分45秒
  よほぉ~こそ♪シズオっち!

せやなぁ、よう飲みに行った、ていうか食べに行ったねぇ(笑)?
モテモテ? 気のせいやって(苦笑)。ホンマ、またゆっくりと食べたい、いや飲みたいもんやね。
 

こちらでははじめまして!

 投稿者:シズオ  投稿日:2006年10月12日(木)16時39分41秒
  いやいや、どうもっす。こんちわっす。

学院同期のシズオっす。

おおお~♪知らぬまにkeiさんも住職ですか!驚きです。
独身時代はよく飲みに連れていってもらいました♡

しかし、keiさんはどこにいってもモテモテでしたね~。
私はいつも引き立て役だったような・・・ともあれ、また飲みたいですね~♪

http://www1.odn.ne.jp/num-one-coro7/index.htm

 

秋やねぇ

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年10月 6日(金)22時57分15秒
  お昼寝が気持ちええ~~~・・・、もう夜やん(笑)!?  

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 9月14日(木)21時00分22秒
  お恥ずかしい・・・(苦笑)。  

=*^-^*=にこっ♪

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 9月13日(水)18時13分54秒
  おおおお~~やっと・・真正面のお顔が・・・。
でも・・・少し 小さくて わかりずらいかと・・・・。
でも・・とっても素晴らしいお衣装ですねぇ~。。

http://blog.goo.ne.jp/neorinp/

 

およろしゅう

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 9月 9日(土)22時12分14秒
  いつ正面を向くかの設定は、未定です・・・(笑)。  

(⌒▽⌒)アハハ!

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 9月 8日(金)20時31分16秒
  ('0')/ハイ!   どうも失礼を~♪
はい 正面を 見逃しませんよぉ~。。=*^-^*=にこっ♪

http://blog.goo.ne.jp/neorinp/

 

おぉっと~

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 9月 7日(木)22時10分31秒
  neorinさ~ん、それは言わないお約束ですよ~(笑)。そうです、ボクの好みでぇす!

はい、そのうち正面を向いてると思いますのでお見逃しなく(笑)。
 

(無題)

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 9月 7日(木)19時04分18秒
  こ(^0^)ん(^_^)ば(^▽^)ん(^_^)わ(^○^) ご住職!!
ブログのテンプレートが 変わったのですね~~。。
なかなか素敵な雰囲気に・・・・・
な~~~んか・・・あちらのブログ(趣味)の似てきません~~!!(*≧m≦*)ププッ
ご住職のお好みのテンプレートなのでしょうね~。。。

ああ~~~ご住職のお写真が・・・今度は 横姿ですね~~。
で・・・真正面は・・・いつかしら!
でも・・・この衣装・・凄いですねぇ~~~~
もっと じっくり見せて下さいまし~。=*^-^*=にこっ♪

http://blog.goo.ne.jp/neorinp/

 

えぇ?

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月30日(水)23時02分19秒
  ボクのお経ですか? いやぁ、ご縁があったら精一杯つとめさせていただきます!

ブログ村さんもいろいろ向上心もってやってらっしゃいますね。まぁ、しばらく見守りましょう(笑)。
 

今晩は~♪

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 8月30日(水)20時13分21秒
  ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪ご住職!!
秋はお忙しい時期の始まりとなるのですね~。
1度 ご住職のお経をお聞きしたいと 今 ふと・・・
頭によぎってきましたぁ~。=*^-^*=にこっ♪

そうそう~~ご住職・・・。
哲学ブログ・・・これからどうなるのでしょうね~。
カテゴリーが増えるようですね~。。
せっかく ここまで 頑張ってきましたが・・・・
どうなるのでしょうね~。。

http://blog.goo.ne.jp/neorinp/

 

ぼちぼち

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月30日(水)19時47分49秒
  虫の鳴き声も聞こえてきましたね♪
暑さ寒さも彼岸まで、残暑もあと少しでしょうか。
秋は、ボクの一番好きな季節です。しかし、同時に年で一番忙しい時期の始まりでもあり、喜んでよいのかどうか微妙です(苦笑)。
 

ご報告

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月22日(火)17時59分34秒
  暑い日が続きますが、みなさん体調はいかがですか? ボクはだいぶバテてます~(苦笑)。

ところで、このたび当サイトはYahoo! JAPANの登録サイトとなりました。ますます多くの方々とのご縁がいただけることと思います。変わらぬご愛顧およろしゅう。
 

苦笑

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月12日(土)11時36分37秒
  neorinさん、お疲れのところ書き込みありがとうございます。

いやいや、お盆や各仏事は地方色があって、一概にどれが正しいとは言えない部分があるんですよね。形はともかく、お参りする意味を大事になさってください。
 

(無題)

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 8月11日(金)22時38分50秒
  こ(^0^)ん(^_^)ば(^▽^)ん(^_^)わ(^○^)
ご住職!!
ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!! 凄いですね~。。
ここんとこ やはり・・疲れが出たのかちょっとダウン気味で・・・。
頭の回転が良い時に もう~1度お邪魔して ゆっくりと下の↓トークを読ませて頂きます。私も 勉強させていただきます。
まずは・・・先日は お盆のお供え物についてのご返事有難う御座いました。
 

いやいや

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月11日(金)09時01分18秒
  この言葉はだれのというものではなく、真宗のおける生死観とでもいえばいいのでしょうかね。前述のように、ボク自身がまだ、このことに、それこそしっくりこないので、今まで書かなかったわけです。

阿弥陀さんは五劫という途方もない長い時間、一説には巨石を羽衣で日に一回ヒトこすりしてその石が磨り減ってなくなるまでの時間をかけて四十八願をたてられたといいます。実在の人物なわけないですよね。真宗が根底から崩れる? 阿弥陀さんが実在であろうとなかろうとその教えが尊いものであれば崩れませんよ。

阿弥陀さんは、教会にあるキリストさんの十字架像とは違い、偶像崇拝ではない、ということを言いたかったわけで、木像や絵像より名号という、そのものの意味が大事だということであり、特に困ることはないですね(苦笑)。
 

ありがとうございます。

 投稿者:喜右衛門  投稿日:2006年 8月10日(木)23時50分14秒
  『我々が生まれる前にいて、また私死後にかえる世界、それを無量寿といい、南無阿弥陀仏を称えることによってその世界かた来たこの身を確認し、またいつか帰っていく身であることに思いをはせ安心する。その世界にはすべての命が倶にあるものとされています。』

ああ。この言葉に救われました。
この言葉は、どなたの言葉ですか?
この考えがあれば、私にも浄土眞宗は信じること可能性が生まれます。


親鸞聖人が「金像より木像、木像より絵像、絵像より名号」と言われたことは、存じております。その意味もわかっているつもりです。お姿より信ずる心が大切であるとの意味と私は思っています。


しかしながら、「阿弥陀如来」が実在の人物でない、
と仮定したら、「浄土眞宗」は宗教として根底から崩れるはずです。
そのようなことを言うと、keiさんが充分ご存知の「十八の誓願」が
なかったことになり、それを信じて、
我々が「南無阿弥陀仏」と唱える意義はなくなります。
つまりこの言葉は、眞宗の門徒も僧職も、
絶対に言ってはならない言葉のはずですよ。
(仮にそのように思っていてもですよ。「それを言っちゃあ、おしまいよ。」です。)
困ったことをおっしゃいますね。(苦笑)
最近の眞宗はそういう考えなのでしょうか?
 

こちらこそ

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月10日(木)22時28分58秒
  ご期待に沿えず申し訳ないです。まだまだ勉強不足を痛感してます。

宗教の必要性、ある方が「宗教がいらないと言うことは、悩みがないと言っているのとおなじこと」とおっしゃいました。人はだれでも大なり小なり悩みはあります。その悩みを解決したいという心が宗教心、つまり救いを求める心なんですね。

真宗では、その悩みと真正面から向き合いなさいと教えます。お釈迦さんが生老病死の苦しみから逃れるために修行をした結果、そういう境地に立たれたことは観無量寿経の王舎城の悲劇からも伺えます。

帰敬式を受けるということは仏(お釈迦さん)弟子になるということであり、法名はその名乗りですね。他宗派の戒名とは意味合いがちがいます。

阿弥陀さんは実在の人物ではなく、「南無阿弥陀仏(=帰命無量寿如来)」という名号を具現化したお姿であり、親鸞さんは木像よりは絵像、絵増よりは名号とおっしゃられたのは、そのお姿への偶像崇拝に偏ることなくその意味合いを忘れずに、と釘をさされています。

死後の世界かどうかはわかりませんが、我々が生まれる前にいて、また私死後にかえる世界、それを無量寿といい、南無阿弥陀仏を称えることによってその世界かた来たこの身を確認し、またいつか帰っていく身であることに思いをはせ安心する。その世界にはすべての命が倶にあるものとされています。実は、このことをまず先に言うべきかどうか、悩んだのです。ボク自身がまだそのことを信じきれていないからです。

なぜなら、ボク自身が死後の世界に興味がないからなんです。今なくして死後なし。それが現時点でのボクの心境なんです。ボクにとっては、死んだら土に返る、それだけなんですね。そういう意味では、ボクも真宗の教えがまだわかっていないのでしょうね。

喜右衛門さんとのご縁によって、今まで避けてきた教えと向き合うきっかけができたようにも思います。ありがとうございます。
 

いつか真のご縁がいただけることを待ってます。

 投稿者:喜右衛門  投稿日:2006年 8月10日(木)21時06分27秒
  私は40代の男性です。
私の周りの人はほとんど、自分の家の宗派も知りません。
ましてや、仏教のお話に耳を傾ける人間は本当に少ないですね。
宗教の必要性を感じていないようなのです。
だから、20年後、30年後には、もしかしたら、
眞宗のお寺はかなりの数、無くなるのではないでしょうか?
この点を危惧もしております。
(我が檀家寺の住職の息子さんは、寺の跡を継がないそうです。檀家寺の存続も心配しています。Keiさんは、若いながら立派ですね。)

私は祖父の本山収骨の際、「帰敬式」を受け
“釈慈眼”という法名もいただいております。
だから、阿弥陀様とのご縁はいただいておりますが、
「浄土眞宗」という宗派の考えにどうしても、すんなりと納得できないのです。

当然ながら、周りの人から「反面教師」のように学ばせていただくことは
多くありますよ。そのような方には、学ばせていただいたと、かげながら感謝も致します。
また、葬式などでは、身をもって“命の尊さ”“今生きていることの有難さ”を
教えていただくことに、思わず手を合わせて感謝することもあります。
それは、眞宗の教え(宗教)でなくても、信仰の心で、
あるいは他宗派の教えで感じることが出来るのです。
だから、このようなことと、眞宗の教えに納得できないこととは、別の次元なのです。

「見たこともないものはわからない。」というのは、正論のように見えて、
虚があります。例えば“空気”は目に見えませんが、あると信じていますね。
見えないものはわからないといって“空気”を否定はしないでしょ?
“心”はどうですか?
「阿弥陀様」を見たことがありますか?
見たことがないものはわからないと言うなら、
何故、阿弥陀如来の御誓願を信ずるというのでしょうか?
(こんなことを言う、私はひねくれものかもしれませんね。)
御誓願を信じれるなら、死後があると信ずる人を否定は出来ませんよね。

死後を否定していないといながら、何故、肯定しないのですか?
死後があると思って死んで、もし死後が無ければそれまでです。
(この場合、何も問題は起きません。)
しかし、死後が無いと思って死んで、もしも死後があったら、
その人はきっと動揺しますね。「こんなこと聞いてない!」って。
これは非常に困ったことではないですか?(苦笑)

また、私は、「仏」とはお釈迦様のように、因縁・執着から離れた存在と思っています。
だから、観念的に、私にとって「阿弥陀様」は「仏」ですが、
身近な人で亡くなった人、即「仏」とは納得できません。
これが眞宗の「仏」の定義なら、お釈迦様のおっしゃった定義とは違ってはいませんか?
現在の浄土眞宗の僧職の方は、正しくお釈迦様のお説きになられたお話を学ばれていらっしゃるのでしょうか?(親鸞様や蓮如様のお説きになられたことばかりで判断されてませんか?)

これからも、浄土眞宗のご法話を聴聞する機会があるはずです。
(私は自力で、悟りを開こうなどとは決して思っていません。“凡夫”ですので、「他力」に頼るしかないです。滝なんて打たれませんよ。もし、天台や真言でも在家のものは他力信仰ですよ。お釈迦様は修行は否定されています。日常生活の中に「八正道」の中に、修行があるのですから。)
おっしゃるように、結論は急ぎません。
いつか“真のご縁”がいただけてるのを待ちたいと思います。
 

ありがとうございます

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月10日(木)18時38分55秒
  死後を否定していませんよ。ただ、見たことのないものはわからないと言っているだけですが。死んだだけで仏になる、仏の定義は前述のとおりです。その教えをあなたは否定するわけですね。自分がまだしていない「死」という尊い教えを、身をもって教えてくださってあるのに残念ですね。その仏が生前どんな方であったかによって、とおっしゃるならそれこそ自らの自我の強さでもって命を選別しているわが身をそこから教えられてあるんですよ。

生前であっても、嫌いな人こそたくさんの教えをもっているんです。なぜその人が嫌いなのかをじっくり考えてみてください。たとえばわがままだから、だったとすれば人間の持つわがままな一面をその人は身を持って教えてくれているわけです。

真宗の教えはたくさんの事実を元にしています。そしてその教えをただ聞くことからしか始められません。「仏法とは ただ聴聞することなり」と蓮如上人はおっしゃいました。自分にとって好ましい答を前提とするかぎり、その教えを聞くことはできないのかもしれません。そして、その聴聞を続けていると、ちょっとしたきっかけやご縁によって、「あ! あのときの話はこういうことだったのか!」とわかりかけることがあったりする、それがうれしいんですよね。だから真宗はおもしろいんです。ひょっとしたら、その「あ!」は死ぬ間際まで来ないかもしれないし、死んでもこないかもしれませんけど。

真宗には、いわゆる修行してどうこうという答はありません。ただ聴聞することなんです。ある意味、滝に打たれる方が楽ですかね(笑)?

神道について、自然信仰をおっしゃておられたのですね、すみませんでした。

答をあせらず、よかったらこれからもいろいろお聞かせください。せっかくのご縁です。おたがいに聴聞し合いましょう。
 

眞宗の疑問が私を遠ざけています。

 投稿者:喜右衛門  投稿日:2006年 8月10日(木)17時36分41秒
  私は、小学校2年の時から(曾祖父が亡くなりました。その機会以後、毎日唱えて自然に)「正信偈」を覚えました。お盆参りや、報恩講などで、ご住職が来るたびに、いろいろと質問をしてきました。しかし、わからないのです。眞宗の教えが。心の底から理解できないし、体に馴染まないのです。そのため、仏教各宗派をいろいろ勉強しました。そこで、お釈迦様の根本の教えが眞宗には直に反映されていないことを知り、さらに、今のご住職になり、お説法が哲学的すぎて、自力で助かることの出来なかった民衆への教えであったはずの眞宗が、抽象的で難解な教えとなり、心は一層離れるばかりになりました。(親鸞様は、死んだら、極楽へ行けるって、教えを広めなかったのでしょうか?死後をこの時点では認めていませんか。なのに、今は死後を認めない。この点も、私には、しっくり来ません。死後があると認める方が、今の世の中を生きていきやすいのになあ、と思います。)
「感謝の心」を眞宗でもお話になられますが、そういう場合、大自然崇拝の「神道」で神社や太陽に手を合わす方が、至る所に存在する“仏性”(と言えば良いのでしょうか。何故か仏教の言葉が浮かんできますが。)“神性”に、感謝がわき起こるのです。不思議にこの方がピッタリくるのです。こちらにご縁があるのでしょうか?何故なのでしょうか?阿弥陀様とのご縁がないのでしょうか?
また、他の仏教宗派に「供養」があるのに、何故、眞宗には「供養」という概念が無いのでしょう?不思議です。これも、理解が出来ないのです。命をいただいたご先祖様に、“御仏”(昨日まで、人の悪口を言っていたような人が、死んだだけでなぜ仏になれるというのでしょう。これを理解せよという方が無理がありますよ。)により近い境地へ行ってもらいたいと願う事は、子孫として、当然のことではありませんか?(でも、Keiさんには死後という考えが無いのですから、この話は、どこまでも平行線ですね。)

今回ここで質問させていただき素直に納得できたら、
これからは、私は浄土眞宗の信仰で行こう、と思って、書かせていただきました。
しかし、まだ、私にはご縁が無いのでしょうね。
いつかその日が来るように望みたいです。

(最後に「神道」の解釈が間違っておられるようです。「国家神道」は戦後GHQが使った言葉です。整備されたというのは間違いです。国の宗教として強要した事実はあるでしょうが、私の申し上げる「神道」は、それ以前の自然崇拝の信仰です。)
 

ふぅむ

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月10日(木)16時46分6秒
  喜右衛門さん、博学ですね、勉強になります。そこで根本的な疑問をひとつ。あなたは真宗門徒のご家庭に生まれ育ったのですよね? それなのに、なぜまずそのご縁を大事にせず、神道や他宗派的知識をそこまで探求されるようになったのですか? また、なぜお釈迦さんは好まれて親鸞さんは好まれないのですか? 同様に神道等は好まれて真宗は好まれないのですか?

朝な夕なに「正信偈」をおつとめする、これはまずひとえに真宗には「供養」という概念が存在しないためであり、亡くなった方は我々をご本尊阿弥陀如来に導いてくださる存在なためです。だから親鸞さんがお念仏の教えを説いた「正信偈」を拝読し、阿弥陀さんから常に照らされてあるこの身、つまり「今を生かされてある身」であることにあらためて、あるいは初めてきづいていくことが朝な夕なのお勤めなのです。逆にお聞きしますが「供養」とはなんですか?

亡くなった方は、亡くなった時点で仏さんです。仏とは、教えを説く存在のことを言うのであって、われわれはその教えを聞くために「たずねる」という語源のある「弔い」をするのです。浄土での幸せ? 死後の世界はどこまでいっても想像の世界でしかなく、それを念じてみたところで「冥福を祈った」自分に満足することでしかないのではないですか?

亡くなった方が仏となって教えてくださってあるのは、我々がまだ経験していない「死」という教えであり、その死といつ出会うかわからないからこそ「今」を精一杯生ききることが教えられ、願われています。その教えをいただくために合掌し、「南無阿弥陀仏」と回向、つまり「わかりました。ありがとうございます」と返していくのであり、初七日や四十九日~各年忌法要はそんな仏さんの教えを忘れず再確認していくこと、そして前述したようにご先祖があって今ある自分に気づいていくためのご縁です。亡くなった方や我々に「気」があるかどうか、それはボクにはわかりませんし興味もありません。おしぼりは清め塩とは意味合いが違うのではないでしょうか? 単純にお疲れ様というものだと思っていますが。

病気になるご縁について、そのご縁を嫌って病気はなおりますか? 感謝しなさいとは言っていません。こんなはずじゃなかった、なんで自分がこんな目にあうのか、と嘆いてみたところで快方に向かいますか? まず、病気になったこの現実を受け入れること、そして毎朝目が覚めたときに、「今日もまた生きている」ことをこんなにありがたいものだったのかと自然に感じるものではないですか? 病気でなくても、お年寄りの多くは年とともにそのように感じていかれるようです。

病室からけり出される? それは南無阿弥陀仏を、おまじないや死者を慰めるとやらの呪文かなにかだという間違った解釈によるものでしかないでしょうね。病室にあっても、朝な夕なにお念仏を唱えるご門徒さんは決して少なくないですよ。

冒頭の疑問もそうですが、あなたの疑問の根底は、最初に神道ありきというモノサシなのでしょうか? そもそも神道とは自然信仰であり、多種多様であったものを明治以降国家神道として整備され、それこそ国民に強要されたものではないのでしょうか?
 

先祖供養などについて。

 投稿者:喜右衛門  投稿日:2006年 8月10日(木)15時50分57秒
  ご返答ありがとうございます。
では、詳しく書かせていただきます。

●檀家の者は、何故「仏説○○経」ではない、親鸞聖人の「正信偈」を毎日のお勤めで唱えるのですか?(お釈迦様の説いたお経ではないですよね?北陸地方では、「仏説阿弥陀経」や「仏説無料寿経」を毎日唱えますか?もしそうだったら、納得します。)

●私は親鸞さんが『自分は一度も先祖のために“南無阿弥陀仏”とはとなえたことがない。』との旨の言葉を残されているので、先祖のために何と言って供養すればよいのかがわかりません。だから、「浄土眞宗」は先祖供養はしない主義だと理解しております。(実際には、お墓で、先祖がご浄土で幸せであって欲しい、あるいは感謝の意味で“南無阿弥陀仏”と唱えてしまってます。)
また、“南無阿弥陀仏”は「自分と阿弥陀様とのご縁を感謝する言葉」あるいは「今の自分の現状を阿弥陀様にお任せする言葉」と教えていただいているので、困ってしまっています。
先祖供養のためには、何と唱えればよいのですか?

●「清め塩」の件について。
これについては、keiさん(他の浄土眞宗の僧職も含めて)が、「神道」の「清め祓い」を全く理解されていない事から誤解が生じています。
「塩」で祓うのは、亡くなった人の穢れを払うためではありません。
「神道」では、死は“氣”(エネルギー)の無くなった状態と認識しています。だから、死と接することは、生者の“氣”を枯らす(エネルギーが減る)ことになると考えるようです。だから、“氣枯れ(けがれ)”と呼びます。そのため、「塩」の力(エネルギー復活の力)で、“氣”を元に戻すのです。決して、死者を汚れた穢れた者と認識しての行為ではないのです。
神道の方がアンケートを取られたようですが、このような誤解をなさっているのは、浄土眞宗の僧侶がほとんどで(だから、浄土眞宗の信徒は誤解しています。)、他宗派では気にしていないとの調査結果も出ていますよ。
であれば、死者の穢れを払うと捉えている眞宗僧侶の方には、(この地方でされている)お通夜や葬式で会葬者に「おしぼり」を渡す方が、よっぽど問題ありだと思いませんか?

●亡くなった方は、一体いつ仏になるのですか?
亡くなってすぐに「仏」なるのであれば、何故「初七日」や「満中陰」など、7日ごとのお参りをするのですか?
これは本来、7日ごとに、自分の生きていたときのことを裁かれ、四十九日で「地獄」と「極楽」に行く審判が下されるのだと、仏教経典には書かれているそうですが、浄土眞宗は、この仏教経典を無視しますか?
亡くなってすぐに「仏」になると浄土眞宗が考えるなら、七日ごとのお参りは廃止すべきではないですか?

●不幸になった時に、霊的なものに頼るとは申してません。(そのような方もありますし、我々凡夫は時に何かにすがりたくなる弱さがあることは認めます。)
しかし、癌で痛がって今にも死にそうな人を目の前にして「今の自分であることに感謝しなさい。病気の自分に感謝しなさい。」などと申すだけではおられません。
たとえ、暗示であろうとも、効き目のないおまじないであろうとも、体をさすって唱えたくなるのが、人情ではないでしょうか?
(死んでもいない人に、間違っても“南無阿弥陀仏”とは唱えられませんよね。病室から蹴り出されますよ、現実は。)

【以上、自分が浄土眞宗の門徒でありながら、納得できない点を書きました。】
 

はい!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月 9日(水)22時48分34秒
  喜右衛門さん、はじめましてようこそ。

んむ。なるほど、ある意味おっしゃるとうりかと思います。しかしながら、真宗の教えがお釈迦さんを超えているとは思いません。浄土三部経に限らず、2,500年前には文章でお釈迦さんの教えを残すことができず、お弟子さんたちが口づたえにされてきたものばかりであり、どれが本当にお釈迦さんの教えであり、どれがそうでないのかを判明することは不可能でしょうね。

お経の前に「仏説」とあるのは、こうしたお釈迦さんが説かれたという意味であり、親鸞聖人は比叡山にて20年間あらゆる「仏説」と向き合った結果、本当に一般民衆を救う教えは「浄土三部経」にありと見出されたのです。

先祖崇拝を否定はしていません。ブログ本文の「ご先祖とは?」をご参照ください。清め塩の否定、これは当然のことです。逆にお聞きますが、あなたが清め塩をなさるのなら、なぜするんですか? 親しき方が仏に成られているにも関わらず、なぜそれを穢れとされるのですか?

死後を否定もしていませんし、肯定もしていません。なぜなら見たことがないからです。丹波哲郎氏のような方が本当に見えるのかどうかは知りませんし、また興味もございません。お宅のお寺さんのことは知りませんが、他宗派や他宗教を否定したこともなければ、真宗の教えが押し付けていると感じたことはございませんし、ボクがここのブログで書いていることを押し付けた覚えもございません。

さまざまな疑問をお持ちなようですが、どのような事実に基づいて疑問を発しておられるのかをもう少し具体的にお書きいただきたく思います。お釈迦さんは生老病死を四つの苦しみと言われました。でも、それをあるかどうかわからない、見えるかどうかわからない、霊的なものに頼って解決しますか? それを「目の前にある事実」として受け入れていくことしか、解決の道はございません。その事実からの逃避を前提にするから霊的なものにすがってしまうのはないですか?

お答えになっているかどうかはわかりませんが、現時点でのボクの了解です。
 

訂正(眞宗の対する疑問2)

 投稿者:喜右衛門  投稿日:2006年 8月 9日(水)21時59分36秒
  8行目が間違っていますので、訂正します。
正しくは
『今の「浄土眞宗」は矛盾ばかりです。』
です。
すみません。
 

疑問3

 投稿者:喜右衛門  投稿日:2006年 8月 9日(水)21時55分46秒
  私は三重県の四日市市に住んでいますが、
かつてこちらの「浄土眞宗」の若い僧職の方たちが
迷信排除のひとつとして、「お葬式の清め塩」を否定し、
この地方では「塩」をお通夜や葬式の参列者に
渡さなくなったと聞いております。
北陸地方でもそうでしょうか?
私はこの「清め塩」は日本古来の伝統であり、
「神道」の大切な思想から来るものにも関わらず、
“迷信”と断定するのはいかがかと思います。
このことに関しては「眞宗」意外の宗派は非常に柔軟な考えようですが、
なぜ、特定の宗教(神道)の教えを否定するような
考えを押し付けるのでしょうか?
納得できません。お考えを教えてください。
 

眞宗に対する疑問2

 投稿者:喜右衛門  投稿日:2006年 8月 9日(水)21時47分17秒
  日本人は、1500年前、仏教を取り入れてから、
神仏習合や、日本人本来の先祖崇拝を
仏教に取り入れてきていますよね。

このような“和”の考えは柔軟で、我々に理解がしやすいようです。
先祖供養を否定し、死後を否定している
(しかし、葬式をし、○年回忌などの法要をする、この矛盾にも疑問が大きいです。)
今の「浄土眞宗」は無住ばかりです。
その上、心の助けにもならず、心の安心感を与えてくださらず、
非常に『哲学』的過ぎてわかりにくいです。
(自分をそのまま受け入れることが大切なことはわかりますが、
今苦しんでいる人に、感謝しなさい、と言っても、安らぎになりませんよね。)
私の檀家寺の住職もこのようなことに充分答えていただけないので、
ここに書かせていただきました。
よろしくお願いいたします。
 

浄土眞宗に対する疑問。

 投稿者:喜右衛門  投稿日:2006年 8月 9日(水)21時35分31秒
  我が家は『浄土眞宗大谷派(東本願寺派)』です。
何十年もこの宗派に属し、お参りしてきましたが、
いくつか疑問がありますので、お答えいただけるようでしたら、
よろしくお願いいたします。
まず、「浄土眞宗」のお経(「仏説阿弥陀経」など三経)は
本来お釈迦様の説かれたお経ではないと今の仏教研究ではわかっているのに、
何故本来の仏教の考えに戻ろうとしないのでしょうか?
「八正道」など当然仏教として基本の教えが
全く抜け落ちていることに、釈然としません。
他の宗派と根本的な違いが大きすぎます。
全く「一神教的な教え」であり過ぎて、
また「親鸞聖人」の考えを絶対的なものとして、
お釈迦様の考えより上に持ってくるのはどうしてでしょうか?
私には「仏教」でなく『親鸞教』のように感じて、
違和感が感じられます。
 

はい!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 8月 7日(月)21時49分46秒
  真宗では、実はお盆について特別な定義をしていないんです。
というのも、「盂蘭盆経」という経文は真宗では使用していないこと、お墓参りよりもお内仏(お仏壇)をお参り(お給仕)することに重きを置いていること等が理由でしょうか?

だから決まったお参りの形はないんですね。お供え物や仕方については、地方によってさまざまですし、それに準じていいと思います。ただ大事なのは、なぜお参りするのか、ではないでしょうか? ご先祖を大事にすることは、今ある自分の存在への感謝です。自分の親、その親、そのまた親、そのまたまた親・・・と考えたら、ひとつでも欠けたら自分はこの世に生を受けていない、そんなつながりの上にこの命を受けたことへの感謝からご先祖に思いをはせてみたらいいんではないでしょうか?
 

ご質問!!

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 8月 7日(月)18時56分55秒
  浄土真宗でのお盆の 仏様に対する事をお教え下さいまし~。。
周りの方々は 13日にお墓にお連れに行き 14日と15日はそれぞれにおりょうぐや 朝は白かゆをお供え お昼は そうめんをお供えしたり また15日には 川にお弁当を作ってお送りするそうですが・・・。
浄土真宗では お盆を どのように過ごせば宜しいのでしょうか~??
 

お知らせ~♪

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月28日(金)22時50分34秒
  ブログが手狭になってきましたので、本館というか、善福寺ホームページを立ち上げました。ここはホームページとブログ、両方の掲示板を兼ねることになりましたので、今後ともよろしくお願いいたします。  

おぉ!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月15日(土)21時36分11秒
  純粋な大谷派の阿弥陀さんではないようですが、とても凝ったつくりのいい阿弥陀さんですね。福福しいというか、癒されるようなやさしいご尊顔だと思いますよ。大事にお給仕なさってくださいね。  

こんにちわ~♪

 投稿者:neorin~♪メール  投稿日:2006年 7月15日(土)14時51分11秒
  先日 家の仏壇をお掃除していて ちょっと我が家の阿弥陀様を撮らせて頂きました。
見て下さいませ~。。
 

おこんばんわ~

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月13日(木)23時04分43秒
  はい! ボクと愛息の出陣前を相方に撮ってもらったんですが、ちょっとボケてます(笑)。

ガツン、そのお話もう少し詳しくお聞きしたいですね~。クリックありがとうございます♪
 

(*^_^*)

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 7月13日(木)22時36分46秒
  こ(^0^)ん(^_^)ば(^▽^)ん(^_^)わ(^○^)
おお~~下の写真は ご住職とお坊ちゃまかな~!!
観戦・・・楽しかったのでしょうね~。(*^_^*)。。

ご住職!!もしかしたら 私のブログ・・・哲学ブログから 遠のくかも知れません~。
実は 今日 私のお店に 室生寺のご住職が たまたま お店に入ってきて 色々お話をしたのでした。
その方に 言われました。。「あなたのしなくてはいけない事は・・・。」と・・。なので・・頭から ガツンと人生の生き方・また 自分が生かされている訳・・などなどを聞かされて ・・・。 ああ~~私 もっと自分のやるべき事をやっていなかったと反省した今日でした。そのうちに 哲学ブログから 消え去っても びっくりしないで下さいね。。
時たま ご住職のブログには お邪魔してクリック!クリック!しますのでね!!v(*'-^*)bぶいっ♪
 

お知らせ~

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月12日(水)13時02分5秒
  プロバイダーのメンテナンスのため明日まで更新ができませ~ん(泣)!

夕べはヤクルト×中日戦を愛息と観戦し、我がヤクルトは負けたものの、古田監督も見れたし、リグス選手&岩村選手のホームランも見れたし、東京音頭も踊ったし(笑)で大満足の観戦でした。詳細は明日アップしまぁす!
 

はーい!!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月 9日(日)22時07分17秒
  よいお返事です(すんまへん/笑)! ボクは週末、連休等はほとんどご法事でいなかったり、時間が取れないことが多いんです。平日の午後だったらだいたいなんとでもなるんですけどね~。どちらにしても、早めに予定教えてくださいね~。およろしゅう。  

ハーイ(^O^)/

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 7月 7日(金)18時07分26秒
  こ(^0^)ん(^_^)ば(^▽^)ん(^_^)わ(^○^)
ハイ(^-^")/ 有難う~御座います♪

まだまだ 先のお話となると思いますが・・・・
まあ~~秋が宜しいでしょうかね~。
加賀友禅なども 見たいと思ってます~。。
その時は ヨロシク(^○^)/です~。。

http://blog.goo.ne.jp/neorinp/

 

あ! neorinさん

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月 7日(金)14時57分20秒
  すいません、こちらへ来られるということですが、くわしい日時は決定しましたら、メールででもお知らせくださいな。お待ちしております♪  

おぉ!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月 7日(金)12時03分22秒
  neorin~♪さん、7位に浮上してますよぉ~!!
おめでとーございますぅ♪
 

ランキングⅡ~☆

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 7月 7日(金)06時13分49秒
  (*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!! ご住職。。
o(*^▽^*)oあはっ♪ ランキング・・('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン 今 デッドヒート中ですよね。。昨日と 同様 朝の今の時間帯は私が8位ですよ。。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル。。でも・・・ご住職のブログ・・・・午前中がお強いのですよね。。9時頃には 必ず 抜かさせているのでした。(;´д`)トホホ 門徒さんのクリックが多いのでしょうかね~ってね。。
まあ~今日から マイペースで 更新をしていこうと~ってね。。
やはり・・・ご住職様には かないません~です。。(⌒-⌒)ニコニコ...。

ここ最近 10歳上の方と親しくさせて頂いて 今月末には 二人で四国へとお遍路参りに行く予定で御座います。色んな話が飛び交う中 その方は曹洞宗なので 本山が永平寺と言う事もあり また 私も ここ何年前から なぜか・・また永平寺には足を運びたい気持ちが強かったので 二人で では・・行きましょう~という話になっております。近々 行く事になりましょう~。。その時に 先日の蓮如さまの銅像にもお伺いしたいと思っております~。。。その時は ご住職様とこに ちょっとご挨拶にでも・・・・と、二人でお話しておりました。。その時はヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシクです~。。

http://blog.goo.ne.jp/neorinp/

 

ランキング

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月 6日(木)23時22分26秒
  ただいまneorinさんのブログとデッドヒートを展開中なのは、お互いに登録している「日本ブログ村」でのアクセスランキングなんですね。記事の下に「哲学ブログ」というボタンがあるので、よかったらクリックしてご確認くだされ~!  

業務連絡(笑)?

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 7月 1日(土)21時44分46秒
  寺報が昨日入庫したものの、一部写真が天地ひっくり返ってまして返品。印刷しなおしたものが今朝届きました。今日は、49日法要が一軒あって、発送作業は途中までしかできず(泣)! 明日中には発送します!  

あぁ!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 6月30日(金)20時57分23秒
  ビールがおいし~~~♪
こんばんわ、neorin~♪さん! ジメジメ、ムシムシ、梅雨明けが待ちどーしいですねぇ!

はい、でわさっそく「哲学ブログ」ボタン押しに行きますね。ポチっとな(笑)!
 

暑い!!

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 6月30日(金)18時12分50秒
  (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪ ご住職!
蒸し暑い日が続いていますが・・・家族での発送作業は 順調に済まわれたでしょうか~?

昨日から ブログに”哲学ブログ”のボタンをつけたせいか 順番が 上がってきましたよ。。ヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー!でした。
やはり・・ボタンの威力でしょうね~。。。v(*'-^*)bぶいっ♪
 

いやいや~

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 6月28日(水)18時52分3秒
  ホンマに蒸し暑いですねぇ~~~! 何を隠そう、暑いのが苦手で、もうヘロヘロです。寒いのはけっこー気にならない人なんですケドねぇ(笑)。早く秋にならへんかなぁ~~! でも秋になると忙しいし~~! 悩みます(あほ?/笑)!  

こんにちわ~。。

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 6月28日(水)16時39分33秒
  今日は 凄く むせる暑さでした。。
そちらの気候は いかがでした~??

ご住職は なかなか 若かりし頃は 色々とご経験をなさった感じで・・・。(⌒-⌒)ニコニコ...。。
おお~~~蓮如様ですね。。。

南無阿弥陀仏~南無阿弥陀仏~。。
 

はい!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 6月27日(火)20時59分1秒
  neorin~♪さん、こんばんは! 下の画像は、当寺本堂の親鸞像です。

ボクも広島にお西の友だちがいてますし、他におんなじ真宗で興正派の友だちもいて、3人とも京都にいた時代には、よう木屋町で暴れ、いや飲んでましたよ(笑)♪

でわ、今回は蓮如さん像をご紹介しますね。
 

((・0・。) ほほーっ

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 6月27日(火)19時47分47秒
  ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪  ご住職kei様!!

そうですよ!忘れた頃に教育TVでやっているそうです。。
(・0・。) ほほーっ 教えの道は 一生かかっても窮められないものなのですね。。。で・・何十年か先に ひらめく事が・・・ですね。。今日の聞法 (人-)謝謝(-人)謝謝で御座い~。。
こちらの写真は 親鸞様なのでしょうか~??素晴らしいですね~。。
西と東・・・・お飾りも多少 違うのでしょうか~???
ここ最近 なぜか ご縁のある方が お東さんが多いのでした。これもご縁なのでしょうね~。。
まずは・・4年前に仏壇を買った仏具やさんが お東さんのご住職さんがやっておられる 仏具やさんで 今では 仏具や線香はここでばかり買っているのでした。ここの奥様に色々教わる事もおお御座います。。先日は ここのご住職さんが書き下ろした小冊子を2冊頂きました。「真宗とはどんな教えですか~」と「幸せを求めて」です。。
また つい最近では お客さんの姪御さんって方も 大阪でやはりお東さんのお寺に嫁ぎ、その方ともご縁を頂きました。。。それに kei住職様とのご縁も頂き (人-)謝謝(-人)謝謝で御座います。。。色々なご縁を大切にしていきたいと思うこの頃ですね。。。
 

おぉ!!

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 6月26日(月)18時37分28秒
  neorin~♪さん
そんな番組やってましたかぁ。教育テレビ、愛息が幼稚園のときには、よう見てましたケド、最近はとんとごぶさたですわ(苦笑)。

教えの道は一生かかっても極められへんもんです。今日聞いたことが、5年後、10年後に「あ! あれはこういうコトやったんか!」とひらめくコトがあったりします。お互い気長に聞法しましょうね。
 

親鸞さん~

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 6月26日(月)12時46分2秒
  こんにちわ♪ ご住職!
昨日の教育TVで歎異抄の解説をやっていました。友達からのメールで教えてもらい 途中からでしたが、ビデオに撮って 今朝 見てました。親鸞さんのお話や また法然さんや恵信尼様の事などもお話の中にでてきていました。 少しは親鸞様について 一応は 本を読んでいましたので それぞれの背景や 場所を話されても 理解でき ”南無阿弥陀仏”のお言葉をかみ締めながらの 今朝のひと時を過ごしました。。歎異抄・・・・まだまだ理解が出来ない所もありますが・・・・。頑張って読む事に・・・。南無阿弥陀仏・・・。
 

わはは♪

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 6月24日(土)22時53分0秒
  幸ちゃん、よ~こそ♪
メール見て一ヶ月フリーズしてたんかと思ってた(笑)。3月に会ったときに、ボクの正体教えられへんかったからこういう形でご披露しました。人間不信にならんといてや(笑)。これからも覗きにきておくんなまし! キャロルさん、引かないでね(苦笑)。
 

え~と(汗

 投稿者:幸一  投稿日:2006年 6月24日(土)22時34分59秒
  久々にメールを見たら一ヶ月前のメール・・・しかも・・・kei様からの・・・(汗
カミサンと一緒にブログを見て・・・「住職!?」・・・フリーズしてしまったっす(笑
驚いたけど嬉しかったっす(笑



PS.メール見るの遅くてすんまへん。
 

はいはぁい♪

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 6月24日(土)20時25分50秒
  いらっさいませ、neorin~♪さん!
いつもご愛読おおきにです。素敵な着物姿ですね~(どきどき/笑)♪
お気軽にお越しくださいな。今後ともおよろしゅう。
 

初めまして!!

 投稿者:neorin~♪  投稿日:2006年 6月24日(土)18時17分9秒
  (*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^ー^*)ニ(*^ー^*)チ(*^O^*)ワーー!
早速 こちらにお邪魔を。。(⌒-⌒)ニコニコ...
ご住職さんのお顔が見えますので・・・・
アタシσ(゜-^*)めは・・・では・・後姿でご紹介を・・・。
ご住職さんのブログ・・・・楽しく 拝見させて頂いております~。
宗派は西と東では違いますが・・・・
まだまだ 浅い私にとっては 何かと お勉強とさせて頂いております。
これからも 色んなお話や説法をお聞かせ下さいまし~。。。

http://blog.goo.ne.jp/neorinp/

 

新設しました♪

 投稿者:Kei@住職  投稿日:2006年 6月23日(金)22時59分52秒
  コメント欄だけでなく、もっと気軽にみなさんとのご縁を深めたいと思い、こういうBBS(ネット掲示板)を新設しました。さぁ、開店です。お入りやす(笑)♪
 

レンタル掲示板
/2