teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


エンドキャップか?!

 投稿者:Bone  投稿日:2014年11月27日(木)20時02分44秒
  Neonさんへ
久しぶりに興味のある一文を拝読しました。
私の場合はSRを例にしてですけど、実際のところSR400であれば、何もしなくてもそのままでいとも簡単に走ります。
ましてや、ディフューザーディスクを取っ払って走らせても、問題なく走ります。
ところが、SR500ではそれが出来ないのです。わずか100ccの差なのですけどね。これが疑問の始まりでした。
で、アキシャルフローですと若干異なると思いますが、スタンダードのディスクですと、アルミのエンドキャップを使用されるとパンパンという音は押さえられます。もちろん、少々秘密がありましてね、実はアルミのエンドキャップは、ステンドームのエンドキャップを併用しないとなりません。おそらくそうなっていると思うのですけどね。
アルミのエンドキャップは結構重いですよ。
これまた、想像ですが、Neonさんの現在のエキゾーストノートは、古い4インチ用センターボルトの固定方式のサウンドに近いのではないか、と思います。
最も、この方式は位置決めとスペーサーの切り欠きのある大きいタイプとスチールのボディーが前提ですけど。
いずれにしても、フェルト装着の件参考になりました。そこから発展して、スーパークワイエット(コア)バッフルのディスク側のパンチングメタルをステンレスパイプで15cm程覆ってやるとか... 、の考えも浮かんでくるのですけどね。
訪問どうもありがとうございました。これからも色々やってみてください。
 
 

画像が反映されませんでした。

 投稿者:Neon  投稿日:2014年11月 3日(月)18時09分42秒
  ので(^_^;)、
http://www.geocities.jp/neonlight/supertrap/supertrap.jpg
をご覧になられますと、文章が分かりやすいと思います。
 

GB400とアクシャルフロー

 投稿者:Neon  投稿日:2014年11月 3日(月)18時05分49秒
  Boneさん、はじめまして。
スーパートラップを調べていて、たどり着きました。膨大なコンテンツと奥深い知識に圧倒されました。

私はゆえあって、25年間バイクに乗りませんでした。その間、バイクのことは忘れたことがありません。
ついに念願かなって、バイクのある生活に復帰を果たしたおっさんライダーです。
私が乗りたいと思うバイクはただ1車種。昔乗っていたGB400でした。私にとってはGBがバイクだったんです。
運よく上々なコンディションの車体が見つかり、矢も盾もという態で手に入れたGB。

しかしそのGBはたった一つ、ノーマルではない箇所があったのです。

ディフューザーディスク4枚のスーパートラップ。それがこのバイクについていたマフラーでした。
そもそも私はこのスーパートラップが好きになれませんでした。
パンパンという甲高い音。セッティングが合っていなかったのでしょうか、高回転から急激なシフトダウンに
伴って一瞬エンジンが息を継ぎ、次の瞬間スポン!という爆発音(アフターファイアというのでしょうか)

さて、こいつを何とかしてやらないと気持ちよく乗れない。

ネットの海を徘徊して、情報を集めるうちにBoneさんの、記述に行き当たりました。
「エンドプレートの後ろにダミーのディフューザーディスクを入れることで、それがレゾネーターの役割を
果たすのではないか。」という仮説です。
そしてスーパートラップの甲高い音は、実は本来の排気音から来るものではなく、廃棄塊が薄っぺらい
エンドプレートをたたくときに生じるものなのではないかという思いもありました。

そして思案の末に次のようなディスク構成を組んでみたのです。

選んだディスクはアクシャルフローです。
警官の方に呼び止められたくないという気持ちが多かったです(^_^;)。が、もう一つ理由があります。
スーパークワイエットバッフルとスペーサーリングの順が説明書とは逆になっていますが、これは
私のインナーコアが旧式で、コアの終端が出っ張っているタイプだったからです。説明書どおりにつけると
コアとディスクの間で排気が漏れます。
コアの後方にディスク5枚。その後ろにステンのエンドプレート。さらに後方にダミーのディスクを7枚挿入して、
最後にアルミエンドプレートという構成です。
二つのエンドプレートの間に出来る空間には消音材としてカーボンフェルトを詰め込んであります。

さて、肝心の走行テストですが、気になっていたアフターファイアもまったくなく、4000回転位で感じていた
もたつきもなく、高回転から低回転までよどみなく回るようになりました。(当社比)(^_^;)
音はパンパンという甲高い音は感じず、プシュップシュッと、トントンと、ドンドンが重なった様な音。
(文章では分かりづらいですが、ノーマルの音にやや破裂音と風切り音がミックスされた感じの音です。)
なかなか好みの音になり、満足しました。

アクシャルフローを実際に取り付けてみると分かりますが、ディスクの外輪の羽部分は閉鎖されて居らず、
本来のスーパートラップと同様にスリット状になっています。
手を当てると、アイドリング時にも、後方で手をたたく排気のほかに、側方からもわずかではありますが、
空気の流れを感じます。
ひょっとすると、走行時にはこの空気の流れが効いて来るのかも知れませんが・・。
元々の4枚ディスクよりも、クワイエットバッフル+5枚のアクシャルフローの方が高回転が伸びる理由を、
私の知識では説明できません。(^_^;)

ともあれ、満足のいく結果を得られたのは、BoneさんのHPに出会ったからに相違なく、感謝しています。

<img alt="" height="627" src="http://www.geocities.jp/neonlight/supertrap/supertrap.jpg" width="863" />
 

www/Gridについて

 投稿者:Bone  投稿日:2012年 6月17日(日)07時56分21秒
  2012年6月18日から20日ぐらいまでの間、ジオシティーズさんの大きいメンテナンスを行うとの通知がありました。
当サイトも少しばかり異常が発生することも考えられますので、連絡いたします。
 

こちらこそ

 投稿者:Bone/家主  投稿日:2011年 5月24日(火)07時34分8秒
  分かるけど謎の人物 様
どなたでしょうか、訪問ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
 

こんばんは

 投稿者:分かるけど謎の人物  投稿日:2011年 4月21日(木)18時55分42秒
  Boneさんの部下です。
よろしくお願い致します。
 

張り替え

 投稿者:Bone/家主メール  投稿日:2009年10月10日(土)20時53分27秒
  岩手ケン様
私ゃ、アナタが恐れているほど心配はしていませんよ。
旧(かな?)大真さんが言ってらっしたのはクラッチ自身は4万キロ程度は持つとのことでした。
それゆえ、次はクラッチボス、プレッシャープレートなどに異常がなければ、フリクションプレートの張り替えに出せば、ほぼ大丈夫と思いますし、新品の湿式のフリクションプレートを使ってみるなどの方法はあるわけですので、ネ。
というところで、色々やってみてください。
 

乾式クラッチ

 投稿者:岩手ケン  投稿日:2009年10月 6日(火)22時48分24秒
  Boneさま
返事有り難う御座いました。
やはり廃業ですかね?
 

Re:乾式クラッチ

 投稿者:Bone/家主メール  投稿日:2009年 8月30日(日)20時36分22秒
  私にしても寝耳に水のことで、どうなのか確認は取れていないのですが、今までの所、下記のとおりになっているようです。

住所 大阪府松原市大堀3丁目12-5
電話番号 072-335-1218

今のところ、これ以上の確認はとっておりません。
あしからず、ご了承ください。
 

乾式クラッチ

 投稿者:岩手ケン  投稿日:2009年 8月21日(金)19時21分2秒
  始めまして、Boneさま

自分RZにダイシンにて乾式クラッチ付けて、頂きましたが不都合が出てて電話したら
現在使われて居なく、携帯も他の人に代わって連絡が付きません。
お手数ですが、連絡先分かりますか?
 

レンタル掲示板
/11